東奔西登

車中泊で日本縦断の旅をしながら、ロクスノ081号の「全国ボルダー『1級&初段』100 課題」にトライした人の記録

日本縦断ボルダリング旅総括 北海道 2/2

日本縦断ボルダリング旅総括も今回で最終回!


ついでにこのブログも最終回。

 

放置気味のブログにして、何か書きたいことが出てきたら書く。

くらいの気持ちで続けてもいいんだけど、はてなIDを変えたくなりました。

 

なんとなく、climbing×VAN生活で、climbanにしたんだけど、”BAN”はされたくないよね。

ID決めるときになんも考えていませんでした・・・。

思えばこれまでの人生で大量に厨二IDを量産してきました。


叶う事ならその全てを闇に葬りたいっ!!

 

 

では、行ってみましょう。

日本縦断ボルダリング旅総括 北海道編の〆!

 

っても、全5課題中、3課題を前回の投稿で書いたから、あと2課題しかないの。

 

しかもその内の一課題はいわくつき(詳細は以下)なので実質、一課題ッ・・・!

 

 

【北海道】(課題名横の〇×は登れたか否か)

 

旭川

 ワルキューレの騎行 1級」 そもそも公開されていなかった

 

いきなりのオチ。

 

このオチは最後にとっておきたかったんだけど、ロクスノで紹介されている並びで課題を紹介するとこの順番。

 

北海道を代表するルーフボルダーと書いてあって期待していたのだけど、そもそも公開されていなかった。

 

正直、ガックリきた。

 

まったく自分の力で情報を集めなかったわけではなく、そのエリアの開拓をまとめている本人に直に会いに行って、お願いしたのだけど取り付く島もなし。

 

この1級&初段旅がライフワーク(比喩でなく)で九州から来た事を説明し、エリア&課題の情報をSNS等に公表しない事も約束すると伝えたのに、駄目だった。

 

色々な考えがあるだろうけど、まだ開拓中で公開も未定のエリアの課題を、商業誌で紹介してしまうのはどうなんだろう。

 

ロクスノNo.81が発売されたのが2018年の秋。

そして2021年現在もそのエリアが公開されたという情報は聞かない。

 

開拓に関して地権者との交渉や、アプローチ問題などに留意するのは大変な仕事なのは重々承知。

岩場によってはシークレットエリアにするのもしかたがないとは思う。

 

それなら、そんなエリアをお金を払って買う雑誌に載せるのはいかがなものか。

 

いやいや、公開する予定はある。

 

でも、まだプロジェクトがあって他人には登らせたくないってのだったら、プロジェクトはトライ禁止という旨をトポに一言書き込んでから公開する選択肢だってあるはずだ。

 

実際、宮崎県の比叡ボルダーはそうしている。

 

または、強いクライマーがラインとなりそうな課題をすべて登ってしまえばいい。

 

それが地元のクライマーで叶わないなら、他所から招くのだっていいじゃないか。

 

それをせず、身内のクライマーとキャッキャウフフしているのだったら、チラ裏に書いておいた方がいい。

 

 

【登別】

 

 「アヨロスペシャルライト 初段」 〇

f:id:climban:20210418155444p:plain

海岸の側壁に課題が連なるアヨロボルダー

 北海道入りして初めて訪れた岩場が、登別のアヨロ。

 

その中でも良くブログなどで目にする定番の課題が、このアヨロスペシャルライト。

下地の高さははシーズンによって上下するみたいで、私が訪れた時は高めだった。

 

下地の低いときはちょっとしたハイボールくらいの緊張感がありそうだけど、下地は砂地なので安心。

 

ムーブの核心は、甘いガストンからのポケットへの一手。

f:id:climban:20210418160319p:plain

その時のフリクションでだいぶ難易度が変わりそうな課題。

 

実際、アヨロボルダー北海道の中でも冬の岩場みたいで、7月に再訪した時は草がボーボーだったし、地元のクライマーさんはシーズンじゃないと仰ってた。

 

f:id:climban:20210418160713p:plain

もうひとつの定番課題「ぬりかべ」スタートはマットを二つ折りにしないと届かなかった

 

アヨロボルダーは基本的に海岸の側壁を登る課題が多くて、課題を登りきると、降りるのが難しかった。

 

f:id:climban:20210418161004p:plain

これも定番らしい「オレンジスラブ」

アヨロボルダーはトポでは課題が分かりにくく、地元のクライマーに教えて貰わないとラインを間違えてしまいそう。

 

良く登られているエリア以外にも、波の影響を強く受けそうだけど、海に面したエリアも課題があるみたい。

 

f:id:climban:20210418161403p:plain

アヨロボルダーで良く登られているのは画像左端の岸壁

 この課題で、ロクスノNo.81の1級&初段で紹介されていた北海道の課題は全部。

 

道南には、他にも有珠ボルダーなどがあるみたいだけど、アプローチ問題等を考慮しての選出だろうか。

 

ここでブログを終わらせるのはちょっと物足りないので、北海道で登った他の課題も少し紹介しようと思う。

 

雄冬岬ボルダー Lupin 初段

f:id:climban:20210420152529p:plain

石狩市雄冬岬にある課題。

 

北海道クライマーには有名?なハードな初段。

左の岩に足が当たらないようなムーブを構築する必要がある。

左の岩がなければもっとカッコイイのに…とか思っちゃうけど、そうするとムーブの選択肢が多くなって簡単になってしまうかも。

 

f:id:climban:20210420153322p:plain

画像中央にある岩が「Lupin」のある岩

雄冬は海も綺麗でよいロケーションだった。

 

日の出岬ボルダー  オールドデイズSD 7a+

f:id:climban:20210420154454p:plain

日本最北のフェイス課題!?「オールドデイズSD」

 日の出岬ボルダーは日本最北のエリアとも言える、オホーツク海沿岸にあるボルダー。

 

 北オホーツクボルダーエリアという名前でトポも北海道のアウトドアショップで手に入った。

 

ノートに書いたのをコピーしただけというような物だけど、唯一とも言える貴重なオホーツクエリアのボルダー情報である。

 

「北オホーツクボルダーエリア」とざっくり括っているけど、距離にして100km以上の範囲に点在していて、ひとつひとつのエリアは大きくない。

 

一日でひとつのエリアというよりは、複数のエリアをハシゴして楽しむ感じだろうか。

 

 

北海道では、その他に雌阿寒岳十勝岳羅臼岳と登山ついでのボルダリングをしたけど、トポが無かったのでスタートもラインも適当に遊んだくらい。

 

それでも、とても面白かった。

 

f:id:climban:20210420155744p:plain

雌阿寒岳のボルダー クラックっぽい課題

f:id:climban:20210420155839p:plain

十勝岳のボルダー チーズっぽい穴のある岩

f:id:climban:20210420160233p:plain

羅臼岳のボルダー マントル課題

 

と、そんなこんなで滞在を楽しんだ北海道。

 

真冬の本州は、寒すぎる車中泊生活が辛かったけど、夏の北海道はとにかく快適だった。

 

北海道には一カ月以上滞在したけど、クライミングに使った時間はそれほどでもなく、もっぱら釣りや登山や観光&温泉を楽しんだ。

 

f:id:climban:20210421131012j:plain

話題の「ウポポイ」にも行った

f:id:climban:20210421131221j:plain

北海道らしい景色も楽しんだ

f:id:climban:20210421131312j:plain

f:id:climban:20210421131346j:plain

f:id:climban:20210421131411j:plain

f:id:climban:20210421131543j:plain

広大!

f:id:climban:20210421131612j:plain

そして日本縦断旅の終点「宗谷岬」へ

このボルダリング旅、そして日本縦断旅で何かを得たか?それを今後何かに活かせるか?なんてものはわからない。

 

この旅でないと出会えなかった景色、人、動物との出会いを楽しめただけで十分。

 

未知の場所の未知の課題を自分の力で登っていくのは、筋力測定みたいなクライミングとは違う、純粋な楽しさがあった。

 

 

たった100課題だけど、この課題のここが楽しかった。

逆に、登れなかった課題のここが難しかった。

 

などを思い出そうとすると、けっこう細かく覚えているものである。

この時にどこで車中泊したかなんてのはほとんど覚えていないのに。

  

NEVER STOP EXPLORING

 

この言葉はアウトドアブランドのノースフェイスのキャッチコピーで、とても好きな言葉。

 

「探検をやめるな」

 

と、訳せる言葉だけど、何も大それたことをしろというのではなく、日常のちょっとした事や、いつものクライミングにこの言葉を少し混ぜるだけで、充実した人生が送れそうな気がしてくる。

 

「やめるな」というのも良い。

 

今も皆それぞれの探検をしているのだから、それを続けていこうというメッセージにもとれる。

 

日本縦断ボルダリング旅はこれで一段落とするけど、普通の日常の中でも探検の心を忘れずにいたい。

 

 

最後に拙ないブログにお付き合いいただいてありがとうございました。

 

また何か書きたい事が出てきたら、気分を変えて別のブログ、IDでという事になるかと思います。

その際はこのブログにも移動先のリンクを貼るつもりなので、気が向いたら見て行ってください。

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

f:id:climban:20210423134904j:plain

思い出のファーストシューズ。あの頃の気持ちをいつまでも持っていたい。

 

 

 

 

 

 

 

 









 

 

日本縦断ボルダリング旅総括 北海道 1/2

シュパッ!

ターーン!!

 

スッ(髪をかき上げる音)

 

この動作をする為だけに猟銃の免許が欲しいと思う今日この頃。

猟銃の免許について調べたら、ライフル銃は散弾銃の免許を所持してから10年経たないと取得できないとか。

 

 

さて、厨二感を出したところでいってみましょう。

日本縦断ボルダリング旅総括、北海道編っ! アシリパさんっ!!

 

ロクスノNo81号で紹介されていた北海道の課題は、そんなに数がなかったから一回で紹介できるくらいだけど勿体ぶって二回に分けます。

 

単純に一回で書き上げる体力がないだけだけど。

 

北海道へは、青森の大間岬からフェリーで函館入りした。

 

たった90分ほどしか乗船時間のないフェリーなのに、車込みの乗船賃が16,000円ほど掛かって痛い出費だった。

 

旅の愛車だったモビリオスパイクでは、かれこれ3回ほど車ごとフェリーに乗ったけど、全長4m9㎝という微妙な全長によく泣く車だったな。

 ※だいたいのフェリー会社では、全長4m未満なら、全長4m以上より安い料金のため。

f:id:climban:20210417103626j:plain

モビリオスパイクは旅の最高の相棒だった。

 せっかくだから函館の街を観光したかったけど、当時北海道では新型コロナウイルスの感染者が全国的に見ても多い状況だったから自粛した。

 

函館の街の観光も、次回北海道へ行った時の楽しみのひとつ。

 

 

【北海道】(課題名横の〇×は登れたか否か)

 

神居古潭

 「モンキーフェイス 1級」 〇

f:id:climban:20210416140833p:plain

小さな岩に北海道クライミングの歴史が詰まっている?

旭川神居古潭にある課題。

 

”カムイコタン”という響きだけで北海道を感じる。

 

こちらを訪れたのは6月。

さすがに北海道でもシーズンオフのようで、湿気とブヨに悩まされた。

 

ブヨは黒っぽいハエのようなとても小さな虫なのだけど、刺されると痛痒くてまいった。

 

神居古潭の岩場は、クライミングジムが一般的ではない時代から登られていた名残か、限定が多いようでモンキーフェイスも左と右のカンテは限定。

 

それ以外では、スタートはガストンを使うのがスタンダードみたい。

でもそれだと身長165㎝だと離陸がパツパツで辛いから、他の方法でもいいのではないだろうか。

 

一応、ガストンでスタートしたけど、離陸が辛かった。

 

神居古潭では他にも「熊嵐」という課題も登った。

f:id:climban:20210416142707p:plain

モンキーフェイスとは対照的なダイナミックムーブの「熊嵐」

こちらはバシバシ系の現代ジム的な課題で、旅暮らしでジム練習不足だった体に、心地よい刺激だった。

 

 

 【ニニウ】

「神の激運 1級/初段」 〇

 

f:id:climban:20210416143425p:plain

核心の遠いデッドの一手をとめたところ

ニニウボルダーは北海道のだいたい真ん中、占冠村にあるボルダリングエリア。

 

日本一寒い村といわれる占冠村にあるだけあって、冷涼な空気と水量豊富な川沿いのボルダーはイメージ通りのTHE・北海道だった。

 

f:id:climban:20210417104257p:plain

ドローンで撮影したニニウボルダー

ボルダリング対象となる岩は5つ位?岩質はいわゆるチャートで御岳みたいな感じ。

 

神の激運は右のフレーク地帯を限定して、まっすぐに直上する課題。

スタートから直上する感じになるので、限定はそれほど気にならないかも。

 

限定をしないで弱点を突いて登ると3級で、こちらも高さがそこそこあるので面白い。

 

f:id:climban:20210417105116p:plain

トラバースパートのムーブ作りが楽しかった「神の激流」

7月に再訪した時に、左からトラバースして3級に抜ける「神の激流」も登った。

一カ月ですっかり森が夏の様相。

 

でも、吹き抜ける風はカラっとして涼しい。

すごいよ北海道。

 

f:id:climban:20210417105905p:plain

ニニウのハードプロブレム「イマジンブレーカーSD」

他にもニニウでは、好きな(得意とは言ってない)前傾ボルダーで、イマジンブレーカーSD 7b~7b+(段級グレードで初/二段)などを登った。

 

ニニウはコンパクトなエリアだけど、空が開けたボルダーが多く、滞在していて気持ち良い場所。

 

他にも楽しそうな課題があるので、また行きたい。

 

 

 【赤岩青巌峡】

「キセキ 初段」 〇

f:id:climban:20210417122327p:plain

自分的核心は、たるいスローパーからのカチへの一手

赤岩青巌峡は、前述のニニウボルダーからほど近く、”ハシゴ”できる岩場。

 

ボルダリングよりリードクライミングがメインの岩場のようで、ボルダリング対象になりそうな岩は沢山あるけど、チョークのついている岩は少しだった。

 

その中でもひと際目立つのは150度くらいの前傾壁を持ったこのボルダー。

 

「キセキ」は被った序盤のボルダーを比較的大きなホールドを繋いで登り、リップを越えてからのスラブ部は細かいホールドでマントルをかえす総合的な課題。

 

f:id:climban:20210417150501p:plain

下地が良くはないので緊張する上部

「キセキ」はマイナーな課題のためかトライした記録がほとんど見つからない課題だったので、登れて嬉しい課題のひとつ。

 

同じ岩の右端には強傾斜ハサミコミ系の「リアライザー」があり、こちらもとても面白かった。

 

f:id:climban:20210417151250p:plain

リアライザー」は強傾斜でフックを多用しながらグイグイ登る。

 リアライザーも1級~初段くらいで、それくらいを狙っているクライマーにはとても楽しめる課題。

 

写真からもわかるように赤岩青巌峡の森の中は湿度が高く、季節を少し外した感じはあった。

雨後の乾きも良くない岩場だったので、タイミングが難しいかもしれない。

 

その他の課題は、吉田和正氏初登の「ギャオス」を登った。

こちらは道東から来ていたリードクライマーの子供たちに注目されながらだったので、ボルダリングおじさんとして意地のフラッシュ。

 

その後は、そのリードクライマーの子供たちとヒグマトーク(ヒグマ目撃自慢)をして撤収した。

 

赤岩青巌峡はリードルートが楽しそうだったから、次回はリードクライミングで行きたいと思った。

 

f:id:climban:20210418104059j:plain

赤岩青巌峡のリードルート。左下にある岩がギャオスのある岩。

 

日本縦断ボルダリング旅総括 三峰・塩原・東北

キエエエッ!(猿叫)

 

いきおいだいじ!

 

枕があっていないのか、先日のボルダリング中に首に変な力が入ったのか、肩から首が痛くてそのコリからくる偏頭痛に悩まされながらキーボードを叩いてます。

 

キーボードとキーホールド。

似てますね。

後者は叩いちゃダメです。

 

さて、日本縦断ボルダリング旅総括もいよいよ大詰め。

 

中間地とも言える御岳編が終わったばかりだけど、そもそも関東、東北で紹介されている課題が少なかったのと、関東~東北を旅した時期は全国的にコロナが流行り始めていたので、公式で「来ないでね」とアナウンスのあった岩場には行っていないからです。

 

公式でアナウンスのなかった岩場には、感染対策万全で行きました。

岩場へは平日に限定して独りで向かったので、そもそも人に会うことがほとんどありませんでしたが。

 

寝泊りは車中泊

食事は飲食店内ではなく、持ち帰りや自炊。

 

そんな生活を少しも寂しいと思わなかったのは、感覚がかなりズレているのかも・・・。

 

 

【三峰】(課題名横の〇×は登れたか否か)

 「一輪車 1級」 〇

f:id:climban:20210409133701p:plain

手のひらプッシュが絶妙なバランス課題

これは苦手な緩傾斜バランス系とあってけっこう苦戦したのだけど、一度敗退し、日を改めて再チャレンジしたらあっさり登れてしまって、コンディションの差が大きく出る課題と感じた。

 

ロクスノの説明文にも書かれているけど、今時のジムの緩傾斜課題というムーブ。

自然の岩でこうゆうムーブが出るのが面白いし、やっぱり岩は自由だなと感じた。

 

隣の池田カンテも面白そうな課題だから、次回、三峰ボルダーを訪れるのが楽しみ。

 

 

「重き流れの中 初段」 〇

f:id:climban:20210409134640p:plain

掛かりの良いホールドがある前傾のボルダーは面白い

こちらは前述の「一輪車」と違って、三峰ボルダーの中でマイナーなエリアにある課題。

 

迫力のある大きなハングのボルダー(というより側壁)を掛かりの良いホールドで登り、上部は乏しいホールドで渋いマントルを返す複合的な面白さがある。

 

下地がだいぶ上がってしまったようだけど、それでも高めの岩なので上部でのメンタルも試される。

 

「重き流れの中」のある太陽寺エリアは、三峰の他のエリアと違って人がいなくて静かに岩と触れ合えた。

 

喧騒から離れ、独りの時間を贅沢に楽しめるのもボルダリングの楽しみのひとつ。

 

続けるも止めるも自由で、一本登ったらその日はもう登るのを止めて、家(車)に戻ってコーヒーを飲んだり本を読んだりしてゆっくりするのも旅生活の楽しみだった。

 

 

【塩原】

 「Fly High 1級/初段」〇

f:id:climban:20210409153216p:plain

初手からランジの「Fly high」

課題名からして飛びそうな予感のする課題。

 

実際は窮屈なスタートからちょっとのランジでリップを掴み、マントルへの移行が難しい。

 

そう、核心はマントルというか、マントルまでの移行というか、けっこうズリズリと奮闘する感じだった。

 

初手のランジはほとんど失敗しないのだけど、その後のマントルへの移行が苦手だった。

 

 

「千 初段」×

 

塩原の初段といえばで必ず名前の聞こえてくる「千」。

 

高さもあって見栄えがするし、手数も多い。

たしかに人気課題になるのも頷ける。

 

下地が悪いから一人でトライするには勇気が入る課題だけど、塩原は東京からのアクセスも良く、土日は大変な賑わいみたいなのでマットの心配はなさそう。

 

・・・そう、下地が岩盤でかつ底なし沼みたいな甌穴(おうけつ)が空いていて怖い。

今回登れなった言い訳をすると、その下地の悪さと5月という微妙なフリクションの時期。

 

マットは二枚なので、高さの出る核心部にマットをセットすると、初手から数手はノーマットになる。

 

その初手から数手も、すっぽ抜けたら岩盤に尻もちとなると妙に力んでしまうんだよなぁ。

 

でも、塩原ボルダーは、一時期不穏な空気となった漁協との関係性も持ち直したようなので、トライするチャンスはまた来るはず。

 

その際は、1級&初段ばかりではなく、他の課題も遊びたい。

 

 

【大倉】

「汁 初段」〇

f:id:climban:20210409164510p:plain

まるでジム課題のようなダイナミックなムーブの「汁」

 東北を代表する名課題と評判の仙台・大倉ボルダーの「汁」

 

初めての大倉ボルダーなので、この課題だけでもという気持ちで向かった。

 

「汁」は傾斜の強い下部をダイナミックなボルダームーブで繋ぎ、傾斜の落ちる上部は掛かりの小さなホールドで足をあげ、苔むしたスラブをトップアウトするという外岩ならではの変化のある内容も面白かった。

 

f:id:climban:20210410121632p:plain

簡単だけど緊張感のあるトップアウト

大倉ボルダーには他にもクライマーが数組いたけど、時期のことを考えてこの課題だけで移動。

 

エリアのすぐ上にある西方寺に寄って、軽く観光をした。

油ものが得意ではないから、名物の三角定規あぶらあげは食べなかった。

 

 

【大日岩】

「猫柳 1級」新型コロナウイルス騒動のため自粛

【大迫】

「神楽 初段」新型コロナウイルス騒動のため自粛

 

 

【侍浜】

神龍 1級」〇

f:id:climban:20210410100151p:plain

下地が岩盤&核心がリップへの遠い一手で怖かった

北侍浜野営場という市営のキャンプ施設からアプローチができる、侍浜ボルダー。

 

キャンプ場の運営時期が7月~9月末ということで、ボルダリングのハイシーズンとはズレるから、一般のキャンプ場利用客に迷惑をかけることはなさそう。

 

海の見えるキャンプ場でとても気持ち良いところだったので、今度はキャンプで行ってみたい。

 

・・・と、どうもロケーションばかりのレビューになってしまう。

 

というのも、車中泊旅の楽しみが各地のボルダリング課題だけではなく、その土地の空気というか景色、雰囲気を感じるのが好きだからだと思う。

 

で、課題の肝というか特徴的と感じた部分は、卵のような大きなポケットの処理。

 

f:id:climban:20210410104548p:plain

トップロープで登られていた時の「ドラゴンエッグ」という課題名の由来はここから来ているんだろうか。

 

核心はリップへの遠い一手だろう。

 

身長165㎝ではパツパツで、右手でそうとう引き付けないとならなかった。

フリクションの差はでそうだけど、リップもドガバというわけではなく、リップ取り後もマントルまで緊張感が続く。

 

名課題と紹介されるのも納得の課題だった。

 

 

【階上】

「鳥瞰 1級」新型コロナウイルス騒動のため自粛

 

 

と、こんな感じで東北はエリアはほとんど自粛。

それも仕方ない、なんせこの頃は岩手では新型コロナの陽性者ゼロという少し闇を感じる状況だったし、未知の状況に世間一体がピリピリしていた。

 

いまや自粛を遵守している人がどれだけいるだろうという感じ。

 

この頃外に出ているクライマーを糾弾していた人たちで、今も自粛を継続している人はどれだけいるんだろう。

 

全体の状況を見ると、今こそ自粛をするべきに思うけど、補償のない自粛要請に人生の大切な時間を差し出せる人はいるんだろうか。

 

感染拡大への警戒を怠らず、人生のかけがえのない時間を無駄にしないように生きたい。

 

今回で本州は最終回。

 

次回はついに北海道編!

夏の北海道は、車上生活者には気候がサイコーだった。

 

北海道では毎日登るようなことはしてなくて、快適な気候にやられて沈没してた。

そんなぐだぐだ生活も少し語ろうかな。

 

 

 

 

 

 

日本縦断ボルダリング旅総括 御岳

日本縦断ボルダリング旅総括も、ついに御岳編まで突入。

ここのところ珍しく更新ペースが早め?なので、このままのペースでラストの北海道編まで何とか書き上げたいところ。

 

注目度でいえば、前回前々回の瑞牆山と小川山、今回の御岳が一番注目度が高いような気がするけど、クライマーの人口比でみれば、首都圏からアクセスのし易いエリアが人気なのは当然か。

 

少し外岩に慣れ始めると「御岳なんて人が多くて、課題もムーブが全て出きっていて面白くない」と考えがちだけど、久しぶりに御岳で登ったら、まだまだ登っていない課題が沢山あったし、それぞれの課題が一筋縄ではいかなくて面白かった。

 

御岳は自分のクライミングのルーツでもあるので、今は九州に住んでいるけど、一年に一回でもいいから御岳で登る時間を作りたいなぁ。

 

 

【御岳】(課題名横の〇×は登れたか否か)

 

オプティミスト 初段」 〇

f:id:climban:20210403110222p:plain

核心部はダイナミックな横っ飛びムーブで

忍者返しの岩がチッピングされてから、より人気が集中した印象のロッキーボルダー。

その中でも不人気とも言えるラインがこの「オプティミスト

 

エゴイスト、in Tokyoのラインに人が溢れているような状況でも、この岩には人が一人もいない事が珍しくなく、実際に私がトライした時も最初は誰もいなかった。

 

いそいそとマットを敷きトライし始めると、エゴイスト、遥辺りをトライしていた人がチラチラと様子を見に来て、そのうちに「一緒にやっていいですか?」と聞きに来るので快諾すると、そのマットの充実度を見てまた人が増えてきてセッションになる。

 

ムーブの核心は下部だけど、高さのある上部も簡単ではなく、下地も悪いので緊張感がある。

 

それだけに、登れた時の充実感は御岳の課題の中でもトップクラスではないだろうか。

 

 

「マルガリ 初段」 未トライ

 

下地がひどく下がってしまい、スタートホールドへ届かない状態になってしまっていた。

 

この課題は御岳に通っていた頃は、手数の少ない奮闘マントル系と聞いて、あまり興味の湧かなかった課題だけど、出来なくなると急に惜しい気持ちになる。

 

岩が流されなかっただけまだましだと思って、下地の復活した時にトライしたい。

 

「素登り 初段」〇

f:id:climban:20210403111549p:plain

ポケット取り、その後の飛ばしとリーチ差が出やすい課題かも

こちらは逆に下地が上がって、一躍人気となった課題。

 

私が御岳に通っていた頃は、蟹で使う棚ガバスタンス(今は砂利で埋没している)が地上30cmくらいの位置にあるほど下地が低かった。

 

その時は、素登りをトライしているクライマーは頭オカシイくらいの気持ちで眺めていたけど、少し上達した今、当時の素登りを考えると、強いクライマーには冒険度もプラスされて良い課題だったのだろうな。

 

 

「忍者返し 1級」〇

 

f:id:climban:20210404120907p:plain

下地が低かった頃の忍者返しと、特徴的な飛ばしムーブ

説明不要の超有名課題。

 

九州に居ても、ほとんどのクライマーがその名前を知っていて、いつかトライしたいと考えている人が多いくらい、影響力の強い課題だった。

 

忍者返しが名課題とされる理由を「クラシック課題で段級グレードでの1級の基準となっているから」とだけ考えそうだけど、あの大きな忍者返しの岩の上に立つための合理的な弱点をついたラインで、ボルダラーのひとつの目標となる強度があった。

 

というのが名課題たるゆえんだったのだと思う。

 

今も登れる課題だけど、チッピングから始まった一連のゴタゴタでケチがついてしまった感が否めない。

 

ライミング人生で2本目の1級(初めての1級完登は同じ御岳の遊歩道岩のトラバース)だった。

 

個人的に思い入れの深い課題だけに残念。

 

 

 「クライマー返し 初段」〇

f:id:climban:20210404112527p:plain

下地が上がって、地面からでも離陸が少し簡単になったような気がする

こちらも昔、御岳に通っていた頃は出だしのナックルジャムが意味不明で、その難しさの割には地味なためか、マニアックなクライマーしかトライしていないような印象だった。

 

そんなマニアックなクライマーしか惹かれないような課題を、忍者返しとデッドエンドを登ったらボルダリングを辞めようと思っていた私がトライすることになるなんて…

 

昔試しに触ってみて意味不明だったナックルジャムは、久しぶりに触った今も意味不明で、親指プッシュのホールディングで離陸して完登した。

 

クライマー返しは今では直上の方が人気だけど、忍者返しに合流するのがオリジナルと聞いてそちらをトライしたのだけど、忍者返しへの合流パートが悪く、初段のなかでは難しい方に感じた。

 

f:id:climban:20210404114554p:plain

忍者返しへの合流パートでは省エネのために飛ぶことに

以上がロクスノNo.81号の、1級&初段で紹介されていた御岳の課題たち。

 

峯の夕が入っていないのが以外だけれど、一時登攀禁止になっていた?日陰岩の課題なので、オーバーユースを警戒して配慮したのかも。

 

それ以外にも御岳には「デッドエンド」「猫砂」などの名1級課題がある。

 

多摩川沿いの御岳以外にも、通称裏御岳と言われるエリアや御嶽山登山口近辺のボルダーもあり、小さなエリアを含めると意外にも全国でも大きなボルダリングエリアだという事が、今回の旅に出て感じた御岳の印象。

 

なにより、御岳は私がボルダリングを始めた場所でもあるので、いく度に初心に帰れるような、そんな場所。

 

今回の滞在も楽しい時間を過ごせた。

また少し時間ができたら、マミ岩の前でゆっくりしたい。

 

 

日本縦断ボルダリング旅総括 瑞牆山

この記事もっ!前回の投稿をした勢いで書いているっ!

 

もー生きるのシンドイ。

 

理不尽な事があったらメンタルをマイメロにして乗り切りたい。

「私はマイメロだよ~☆難しいことはよくわかんないし、岩登りたいで~す」

 

 

さて、今回も行ってみましょう、なんとか北海道まで進めて完結したいこのブログ!

 

今回紹介する1級&初段の課題は、花崗岩大国山梨が誇るビッグエリアである瑞牆山

 

 

説明不要の課題たちが並ぶのかと思ったら、意外や意外、多くの人は紹介されている課題で登ったことがある課題の方が少ないのではないだろうか。

 

紹介された4課題中、2課題はハイボールだし・・・。

 

 

瑞牆山】(課題名横の〇×は登れたか否か)

 

「サザンクロス 1級」 〇

f:id:climban:20210317104205p:plain

岩のど真ん中を、ポケットホールドに導かれるように登る

瑞牆山の植樹祭駐車へ向かう道を、最初の分岐で左に曲がってしばらく走ると、林道沿いに見えるどデカい岩。

 

岩のど真ん中にポケットホールドが絶妙な距離&負荷で並び、ラインを迷うようなことなく直上できる。

良いボルダリング課題はこうでなきゃと思わせる一本。

 

強度的な核心は下部~中部。

 

上部はホールド&スタンス共に良くなるけど、それでも、最後のマントルでハイステップムーブが要求され、気が抜けない。

 

それだけに登った時の達成感は格別。

 

私は手持ちのマットが2枚しかなかったのでそれで臨んだけど、アプローチが近いので複数のマットが用意できたら、あるだけ敷いた方が良いと思う。

 

「黄金虫 初段」 ×

f:id:climban:20210324092317j:plain

クラッシュパッドって測量器具になるよね

こちらもかなりのハイボール

 

おそらく初手~数手が核心なのだろうけど、下から見上げた感じでは上部のスラブに顕著なホールドが見あたらなくて、恐ろしい。

 

下部が解決できたら、落ち葉が降り積もっている上部を掃除してからトライしようと思ったけど、初手から解決できず。

スタートセットからけっこうリーチ差が出る課題かも。

 

登った人の記録ないかな?と思って検索してみたけど、三段クラスの課題&ハイボールを沢山登っているクライマーさんが初手を解決できずに敗退している記録が見つかった・・・。

 

左の別の課題のスタートから右へトラバースしてから、黄金虫のラインに合流して登ったという記録はあったので、やはり初手核心?

 

今のところ、離陸すらいっぱいいっぱいだったけど、いつか登れる日が来るのだろうか?

ポケット鍛えて出直します。

 

陽炎座 1級」 ×

f:id:climban:20210325115645j:plain

陽炎座のある岩全景(地味)左から右へトラバースする

 知る人ぞ(その悪さを)知るマイナー課題。

こちらも登った人の記録が少なく、YouTubeでは四段を登るような有名クライマーさんの動画が一本あるだけ。

 

スラッシュフェイス、高野聖などの高難度人気課題があるエリアにあるので、その辺の課題で敗退した人が、1級だから・・・とトライする人も多そうだけど、登ったという話を聞かないので、特に自分が難しく登っている訳ではなさそう。

 

瑞牆山ボルダリングガイドが出る前は初段だったようなので、なぜグレードダウンしたのか謎の課題。

 

 ホールドorスタンスに大きな変化でもあったのだろうか。

f:id:climban:20210325115800j:plain

この外傾ポケットがとにかく悪かった

成功率が極端に低いけど、できないパートはなかったから、こちらもポケットを鍛えて出直します。

 

 

「阿修羅 初段」 〇

f:id:climban:20210324094655p:plain

ひとりだとロケーションも素晴らしく良く感じる

説明不要の有名課題。

 

ポケット、クラックと繋がる無駄のない奇跡的なホールド配置、バランスと距離出しが求められ、適度な高さに渋いマントルと文句の付けようがない課題だと思う。

 

日本に住んでいて、外岩のボルダリングを楽しんでいるのだったら、阿修羅は無理してでも登っておきたい課題のひとつと言えるのではないだろうか。

 

 

誰もいない静かな森の中で、この素晴らしい課題に向き合うのは幸せなひとときだった。

 

 

と、ここまでがロクスノNo.81の特集で紹介されていた、瑞牆山の1級&初段の課題。

ここで終わってもいいのですが、文字数が少ないので少し雑談。

 

ロクスノNo.81を読んだ方は、「瑞牆山であの課題が入ってない!?」という方がけっこういるのではないだろうか。

 

私もその一人で、「夏への扉」なんて高さ、ロケーション、ムーブともに素晴らしい課題だと思うし、登れていないけど「東雲」もボルダームーブの連続という感じでカッコいい。

 

人気課題の「日々の暮らし」も、リップトラバースながら岩の弱点を突いた合理的なラインで美しい。

ガリガリ君」も特徴的な形の岩をフックテクニックで登る良い課題だった。

 

パッと思いついただけで、瑞牆山ボルダーには名課題と言える課題が、自分が知っている範囲でこれだけ出てくる。

 

キャンプと組み合わせてその雰囲気を楽しめる小川山と、遊歩道沿いにアクセスの良いボルダーが点在し、まるでボルダリング公園の様な瑞牆山

 

どちらも日本唯一と言えるエリアではないだろうか。

小川山も瑞牆山も、利用者それぞれがマナーを守り、いつまでもボルダリングを楽しめる場所だといいなぁ

日本縦断ボルダリング旅総括 小川山

さて、日本縦断ボルダリング旅総括記事も、いよいよ皆さん(約4名)お待ちかね?の超ド級のメジャーエリア、小川山の登場です。

 

「お?めずらしく更新ペース早いじゃん」と思ったでしょう?

 

実はワタクシ、近々クライミングジムのスタッフになる予定だったのですが、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言のせいで、お仕事がなかなか始まりません。

 

なのでヒマなんです。

 

緊急事態宣言の発出される前の昨年から、ワタクシの準備は整っていたのですが、御岳まで半刻あまりの大都会トーキョー出身である私はしばらく待機となってしまいました・・・。

 

つまり、収入がないので指皮に火をともすような生活を送っております。

 

 

・・・とここまで先月中に書いて置いて放置。

 

けっきょく更新は一カ月ペースとなっています。

月刊東奔西登。

 

さて、だれが見ているか分からないSNSでは言えない愚痴を吐いたので本題に戻しますと、この日本縦断旅に出る前に小川山の1級~初段の課題はいくつか登っているけど、ロクスノNo.81で紹介された中で既に登っていた課題は「エイハブ船長」だけだった。

 

瑞牆山の課題も含めて室井さんのチョイスは「人気の名課題」というよりは「室井さんの考える、あまり知られていない名課題」というような課題が混じっている印象を受けた。

 

後述するけど、小川山の「マラ岩下ボルダー」次回(一か月後)に書く予定の瑞牆山の「陽炎座」とかは、共にグレードが初段に比べたら人気のない1級なのと、アプローチが遠く、わざわざこの課題をトライしに行く人が少ないから、良い課題なのにあまり知られていない「名課題」なのだと思う。

 

そう、あくまで「1級&初段100課題」なのであって、「1級&初段100人気課題」ではないんだよなぁ。

 

その辺、自分でも忘れそうになる。

 

そんな課題たちが、雑誌の企画によって日の目(私ひとりだけの目?)を見ることになるのは楽しい。

 

しかし、全国を回り紹介されている色々な課題をトライしてみて、正直、これはそれほどでも・・・、という課題もあった。

 

そういう課題は、紹介者の思い入れ補正とか、初登者補正(と言う言葉はないだろうけど)が入ってるような気がする。

 

 今回紹介する、小川山については、人気エリアという事もあり、多くの人がトライする機会のある課題が紹介されている。

 

課題名は知ってるけど、触ったことないな~って課題があったら、この機会にぜひトライしてみてはいかがでしょうか!?

 

【小川山】(課題名横の〇×は登れたか否か)

 

「マラ岩下ボルダー 1級」 ✖

f:id:climban:20210325115108j:plain

パッと見、ホールドの掛かりが良さそうで簡単に登れそうだけど…

ロクスノで「わざわざ行く人も少ないが、わざわざ行く価値あり」と紹介されている課題。

 

パッと見は、掛かりの良さそうなフレークが登攀ラインの左右に配置されていて、昨今のジム課題のラインセットのように分かりやすい。

 

如何にも登れそうな雰囲気のある岩なのに、なかなかどうして左手のガストンムーブがパワフル&ロングリーチで止められはしても、そこから動けなかった。

 

肩が弱いのが弱点だと自覚しているけど、この課題は小川山の他のヘタな初段より難しいのでは・・・。

 

肩を鍛えて出直します。

 

「上弦 初段」 ✖

f:id:climban:20210325115250j:plain

二つのピークがある岩。左のピークからクラックを辿って右のピークへ

不可能スラブなどの人気課題があるエリアにあって、トライされる機会が多い為か「悪い」と評判の課題。

 

岩の左カンテからスタートし、そのままトップアウトできる課題を、一旦右下に降りてから左上する不思議なライン取りで、岩の高さ、岩が露出している下地の悪さも相まってか不人気と呼んでも差し支えなさそうな課題。

 

試しに恐る恐るクラックからの上部カンテ取りを試したけど、肝心のカンテも持ててる感じがせず、そこから安定したムーブを起こせる気がしなかった。

 

課題の序盤から気を抜くことができないムーブが続き、その時の気持ちの問題というか「やったるで!」という勢いがないとモチベーションを保つのが難しい課題に思う。

 

いつか、一人とか少ないマット数でも登り切れる!という自信が付いたときに再トライしたい課題。

 

親指トムの秘密の冒険 1級」 〇

f:id:climban:20210316094132j:plain

ロクスノNo.91に掲載された画像!動画は撮っておくものですね。

こちらも先述のマラ岩下ボルダーのように、わざわざ行く人も少ないだろう課題。

 

変わった課題名だけど、ラインは格好良い。

クラック好きなクライマーならきっと登りたくなるライン。

 

課題名の”親指”が気になるけど、親指がキーになるようなホールディングは私のムーブではなかった。

 

この辺が京都笠置の「親指君」との違い。

 

 

小川山クラック、クレイジージャムなどの有名課題がある「親指岩」の近くの、ひっそりと隠れたボルダーで行われる登攀だから、秘密の冒険なのかも。

 

内容はシンクラックを使ってレイバック気味に足を上げつつ、体を切り返しての正対ムーブを交えながら高度を稼いでいくのが面白かった。

 

マントルは難しくはないけど失敗できない高さ。

最後に簡単ながら露出感のあるスラブを2、3歩登ってトップアウト。

 

山の斜面から突き出たボルダーだからトップアウト後の景色が素晴らしかった。

 

「エイハブ船長 1級」 〇

 

f:id:climban:20210316095257p:plain

言わずと知れた名課題

特に説明は要らないだろう有名課題。

 

限定もなく、弱点を突いたラインで岩の真ん中を直上する。

ボルダリングの課題として、一番カッコよい形だと思う。

 

残念な事件があったけど、御岳の忍者返しも、弱点を突いた一番合理的なラインであの強度とムーブいうのが奇跡的だった。

 

エイハブ船長は5、6回は再登していると思うけど、その度に縦カチが「こんな悪かったっけ?」と思ってしまう。

 

「緑のマント 初段」 ×

f:id:climban:20210316104133p:plain

ここから左下にホールドを引くのがツラい

難しいと評判の課題。

 

悪いアンダーからのスタートセット、初手止め、そこからのランジ、そして最大の核心のマントルと、これから初段課題を狙うクライマーには絶望しかないように思える。

 

核心のマントルは、左手飛ばしで抑えるカチホールドが遠く、リーチ差が出る。

パツパツで止めてから体を上げていく動作が肩に辛く、連登している内に肩を痛めてしまった。

 

一度、奇跡的に手首の返せたトライがあったから、その時に登り切れていれば・・・。

 

これも肩を鍛えてリトライしたい課題。

 

そういえば、新しいトポに「右のフレークは使わない」という限定表記がないので、知らない人は当然、使ってしまうのでは・・・。

 

 

「石の魂 1級/初段」 〇

 

f:id:climban:20210316103209p:plain

有名な右手のスプレー持ちをしているところ

こちらも関東近辺のクライマーのブログで、トライ記録をお目にかかる事の多い有名課題。

なんかぐっと来る課題名のインパクトも人気の理由かも。

 

実際にトライした事がない人でも「スプレー持ち」というキーワードを聞いたことがあるかも。

 

内容は花崗岩の垂壁クライムで、悪いというか痛いホールドを持って、痛いホールドへデッドする課題。

 

中継のポケットを使わず、リップにランジで初段。

ポケットを使って1級ということなので、私が登ったのは1級バージョン。

 

 

初段バージョンは、小川山で登りたい課題がほとんど無くなったら試してみたい。

全国をフィールドとする人間には、とても同じ課題の限定バージョンを登る暇がない。

 

 

「ヴィクターランジ 1級」 〇

 

f:id:climban:20210316105020p:plain

ここからダブルダイノでリップへ

これは個人的に思い入れの深い課題。

 

ダブルダイノなんてジムでもしたことがないのに、外でスポッターなしでやることになるとは。 

 

下地はフラットだけど、石がゴロゴロしているし、着地に失敗するとちょうどヨロけて転びそうな所に大きな石があってプレッシャーだった。

 

その大きな石にぶつかって骨折した人がいるという話を聞いた後だったので、恐怖心が倍増。

 

恐る恐ると飛び出しては、リップを掴み損なった時に落ちる場所を見極め、2枚のマットを微調整し、何度もトライ。

 

安全の為にとにかく静かに飛ぶことを心掛けたから、成功時のトライはリップを掴んでも大きく振られず、とても地味な動画になった。

 

それでも、苦手なタイプの課題を自分一人の力で登りきる事ができて、ランジ&マントルという短い課題ながらも登り切った時の気持ちは格別だった。

 

 

この七課題がロクスノNo.81「1級&初段100課題」の小川山エリアで紹介された課題。

 

やはりというか当然というか、マラ岩下、上弦、緑のマントと難しいと評判の課題が登れなった。

 

 

この三つはトライする人を選ぶマニアックな課題だと思うので、そういう課題が好きな自分としては、いつか登っておきたい。

 

 

日本縦断ボルダリング旅総括 遠山川・城ヶ崎

また前回の更新から間が空いてしまった・・・。

 

なるべくリアルタイムに近い更新をしていかないと、熱が冷めてしまう。

そもそも、このブログ読んでくれている人なんて、自分を含めてたぶん3、4人なんじゃかなろうか。

 

多くの人がクライミングブログに求めるものは、岩場と課題のある岩までのアクセスだったり、課題を一気に簡単にするような革新的ムーブだったりするわけで(それはお前だけというツッコミがきそう)。

 

とりあえず、拙文でも旅の総括を最後まで終わらせないと、次に進むための区切りがつかないか

 

さて、気を取り直して今回のボルダリング旅総括は、長野県の遠山川と、静岡県の城ヶ崎ボルダーをご紹介。

 

なぜこの順番かは、日本列島の南西から課題を紹介していくとこんな流れかな~って感じで、特に深い意味はなし。

 

遠山川については以前の記事に詳しいので、ここでは簡単に。

 

touhonseitou.hatenablog.com

 

以前の記事を読むのもメンドクサイという人の為に結果から言うと、ロクスノNo.81で紹介された5課題中、3課題は岩が傾いて消滅。

 

残る2課題は自分にはリーチーな課題で登れなかった。

 

初登者との身長差とかで、どうにも相性の悪い課題はあるのは仕方がない。

課題が消滅してしまうのも、自然の物だから仕方がない。

それでも、100課題中、5課題を逃してしまうのは悔しいなぁ。

 

【遠山川】(課題名横の〇×は登れたか否か)

 

「ケイユウ 初段」 ✖

f:id:climban:20201117144111j:plain

「ケイユウ」のあるイボイボ岩

この課題は、ハング部にあるアンダーカチから上のカチ、そこから左のリップから右のリップとダイナミックなムーブになりそうな感じなのだけど、いかんせんどちらのリップもフルスパン過ぎて、とった体でムーブを作ろうとしても動けなかった。

 

それなりに身長のある人なら、気持ちの良い距離感なのだろうけど、残念。

 

「キラーボーイ 初段」未トライ

f:id:climban:20201117144543j:plain

神楽の大岩は下地のほとんどが水没していた。

 こちらは上のイボイボ岩と違って、かなり大きい岩。

 

画像でうっすらと見える中間部のカチから、左のリップに出るようだけど、そこまでの距離も見るからに遠く、さらに下地もほとんどが水没状態だったのでトライしなかった。

 

100岩のトポにも「リーチ差が出る」と書いてあったので、これも向いてない課題だと思った。

 

余談だけど、身長をググって即座に表示されるクライマーは信頼できる気がする。

それが高かろうが低かろうが「それで戦っている」という包み隠さない自信を感じる。

 

因みに誰の参考にも希望の星にもなるでもない私の身長は165㎝。

とりあえず横リーチは置いておいて、同じ身長のクライマーは小山田大さんと野口啓代さん。

 

・・・なんも言えない。

 

遠山川のその他の課題はというと、大水でアンバマイカの岩の傾きが変わってしまったらしく、

「アンバマイカ 初段」「ちんちゃこ 初段」「千尋 1級」

の三課題は全て消滅してしまったよう。

 

河原のボルダーの宿命だけど、こういう事があると、岩の安定した硬質な花崗岩で、下地の変化も少ない小川山・瑞牆山などのエリアの貴重性が良くわかる。

 

小川山のエイハブ船長なんて初登から30年近く経っているのに、おそらく当時から大きくは変わっていないはず。

さすがにスタンスは磨かれてツルツルで、初登時より難しくなっているとは思うけど。

 

 

そんなこんなで遠山川はあまり相性が良くなかった。

いつか、リーチを補うパワーが付いたら、もう一度訪ねたい場所。

 

 

【城ヶ崎】(課題名横の〇×は登れたか否か)

 

お次は城ヶ崎。

東京からも比較的近いエリアながら、真冬でも天気が良ければ半袖で快適に登れるクライマーの越冬地。

 

実際、この旅で訪れた2月でも、その日が特別に暖かかったのもあるけど、朝6時から半袖で登ってた。

 

「モンスターマン 初段」〇

f:id:climban:20210202124001p:plain

文句なしにお勧めできる課題。

 

側壁ではなく、一個のボルダーとして鎮座している岩で特に限定(たぶん)もなさそう。

 

バンバンバン!と強度の高い数手を繋ぐボルダリングらしい課題で、好きな人は猛烈に好きなハズ。

私も下手の横好きながら好き。

 

下地が悪いので、マットは豊富にあった方が良いけど、少ないマットで挑んで、意外と悪い上部で緊張するのも心に残る登り方だと思う。

 

足を切って豪快に登ろうと思ったら、リップを保持し損ねてすっ飛んで、下にある岩に後頭部を強打しそうになったけど、猫背だから背中を打っただけで助かった。

 

その日は天気予報で気温が高くなる予定だったから、朝の短い時間で登り切れて良かった。

それでも、上部はぬめってすっぽ抜けそうで怖かったけど。

 

「悟空ハング 1級」×

f:id:climban:20210202124305p:plain

こちらは側壁を登る課題で、もともとはトップロープの課題。

下地の変化が激しい課題のようで、それによってグレードの体感は大きく変わりそう。

 

ロクスノNo.81に掲載されている写真くらいの下地を想像して現地に着いたら、想像とは違うハイボールが待っていた(笑)

 

ロクスノNo.81の写真より1.5mくらい下地が下がっていそうで、「なんてことなさそうだな」と思っていた課題が、「ヘタしたら死ぬな」になっていた。

 

参考までにYouTubeを見てみると、シーズンによっては下からハング部にあるホールドに触れた年もあるようだ。

 

そこまで下地が高いと、登った時の満足度が大きく変わりそうだけど、さすがに今シーズンは下がりすぎか・・・。 

 

それでもトライはしてみて、ハングの乗越に出るところまでは出来たので、覚悟を決めればできないことはなさそう。

 

ハングでヒールを掛けるムーブは怖すぎて無理だった。

地上から2m以上の場所で、背中から落ちそうなムーブは怖い。

 

これは再挑戦したい課題のひとつ。

だから、できれば下地はあまり上がって欲しくない。

 

 

遠山川・城ヶ崎ボルダーについては、この7つの課題が紹介されていて、その内の3つは、岩の傾きで課題が消滅し、残った2本は登れず。

城ヶ崎については、悟空ハングはできないムーブは無かったけど、高さに負けてしまった。

 

どちらも、1級&初段というグレード(というか課題?)の幅広さを感じ、さらに自分の実力に足りないものが多くある事を痛感したエリアだった。